Last Update:2015/3/30           Access: カウンター

北海道ジュニアバスケットボール連盟は、地元北海道のプロバスケットボールチーム「レバンガ北海道」を応援しています。

INFORMATION


大会情報
第33回北海道ジュニアオールスターバスケットボール大会のページに、1年生大会・2年生大会最終結果をアップしました。

大会情報
第8回北海道カップの組み合わせをアップしました。

強化事業
北海道選抜のページに、第28回都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会2014 北海道選抜チームの練習日程をアップしました。
大会情報
第29回新人戦決戦大会公式サイトに、最終結果およびスタッツをアップしました!
大会情報
新人戦南北大会公式サイト内に、最終結果およびスタッツをアップしました!
 
特設企画
「全中参戦記」ページに、東海大四中の参戦記を追加しました。

特設企画
「特設企画」追加
 大好評、コンサドーレ札幌の管理栄養士でもある、株式会社ウェルネスプランニング札幌 代表取締役 小松信隆 氏による連載「スポーツ栄養コラム」第5回(最終回)をアップしました!
 

実践スポーツ栄養学


スポーツ栄養コラムの最終回は、”実践スポーツ栄養学”と題して「何をいつ食べたら良いのか?」という具体的な説明をさせていただきます。

その前に栄養の流れの説明を少々・・・。
食べ物は口から入って、胃、十二指腸、小腸という流れで消化されていきます。
次に大腸・・・と行きたいところですが、それでは排泄物の流れになってしまいます(笑)
小腸の次は「門脈という血管」に入る栄養と「リンパ管」という管に入る栄養があり、門脈は肝臓へ、リンパ管はそのまま全身に繋がっています。
門脈には「炭水化物(糖質)」が分解された”ブドウ糖”と「たんぱく質」が分解された”アミノ酸”が入り、リンパ管には「脂質」が分解された”脂肪酸”が入ります。
門脈から肝臓へと運ばれた”ブドウ糖”と”アミノ酸”は栄養の司令塔である肝臓にコントロールされて、必要な場所に運ばれるというのが栄養の流れです。

実はその時、食べた物によって、分解される速度が違ってくるのです。

続きを読む >>

お知らせ
平成26年度各地区大会予定カレンダーをアップしました。
北海道バスケットボール連盟2014年度各地区大会予定(pdf)

携帯用サイト

会員登録システム


新スコアシート

PDF閲覧ソフト