Last Update:2014/10/28           Access: カウンター

北海道ジュニアバスケットボール連盟は、地元北海道のプロバスケットボールチーム「レバンガ北海道」を応援しています。

INFORMATION


特設企画
「全中参戦記」ページに、斜里中の参戦記を追加しました。


大会情報
中体連新人南北大会公式サイト内に、南北大会参加申込書(xlsx)をアップしました。なお、申し込みの際はファイル名にチーム名と男女の別を必ず記入するようお願いします。(例:◯◯中学校男子.xlsxに「名前を付けて保存」する)

強化事業
2014年度 第2次「バスケットボール」競技力強化合宿の参加者名簿をアップしました。
二次合宿参加者名簿(pdf)

お知らせ
新人大会前の最後のE級コーチ養成講習会のご案内です。
今年度の全道新人大会(南北大会)より、コーチまたはアシスタントコーチ(スタンディングコーチ)はJBA公認コーチE-2級のコーチライセンスを所持するものとなっていますので、ぜひ多くの方に参加していただきたいと思います。
公認コーチE-1級養成講習会要項 ・ 公認コーチE-2級養成講習会要項
特設企画
「特設企画」追加
 大好評、コンサドーレ札幌の管理栄養士でもある、株式会社ウェルネスプランニング札幌 代表取締役 小松信隆 氏による連載「スポーツ栄養コラム」第5回(最終回)をアップしました!
 

実践スポーツ栄養学


スポーツ栄養コラムの最終回は、”実践スポーツ栄養学”と題して「何をいつ食べたら良いのか?」という具体的な説明をさせていただきます。

その前に栄養の流れの説明を少々・・・。
食べ物は口から入って、胃、十二指腸、小腸という流れで消化されていきます。
次に大腸・・・と行きたいところですが、それでは排泄物の流れになってしまいます(笑)
小腸の次は「門脈という血管」に入る栄養と「リンパ管」という管に入る栄養があり、門脈は肝臓へ、リンパ管はそのまま全身に繋がっています。
門脈には「炭水化物(糖質)」が分解された”ブドウ糖”と「たんぱく質」が分解された”アミノ酸”が入り、リンパ管には「脂質」が分解された”脂肪酸”が入ります。
門脈から肝臓へと運ばれた”ブドウ糖”と”アミノ酸”は栄養の司令塔である肝臓にコントロールされて、必要な場所に運ばれるというのが栄養の流れです。

実はその時、食べた物によって、分解される速度が違ってくるのです。

続きを読む >>

お知らせ
9月20日、北海道バスケットボール連盟第二回常任理事会が開催されました。2点お知らせいたします。
・競技委員会より 5月の総会で確認されましたが、今年度の全道新人大会(南北大会)より、コーチまたはアシスタントコーチ(スタンディングコーチ)はJBA公認コーチE-2級のコーチライセンスを所持するものとします(申請中のものも認めます)。
・普及委員会より ジュニア連盟主催のJBA公認コーチE級養成講習会を開催します。
日程 11月29日(土)午後、11月30日(日)午前・午後
会場 札幌市立真栄中学校
※詳細が決定次第、道協会サイト及びジュニア連盟サイトにて連絡します。

その他、審議された内容については各地区理事に問い合わせください。
強化事業
2014年度 第1次「バスケットボール」競技力強化合宿の開催要項と参加者名簿をアップしました。開催要項(pdf)参加者名簿(pdf)
※参加者名簿に訂正があり、修正したものに差し替えました。
お知らせ
平成26年度各地区大会予定カレンダーをアップしました。
北海道バスケットボール連盟2014年度各地区大会予定(pdf)

携帯用サイト

会員登録システム


新スコアシート

PDF閲覧ソフト